公開日:2019.12.05

ウエイトバック集計とは

  • マーケティングリサーチ用語解説集

ウェイトバック集計とは、回収されたサンプル(標本)母集団の構成にあわせて集計する方法です。

回収されたサンプルの構成比を実際の市場の構成比に合わせて集計したいとき、サンプルに重みづけして集計することで、市場構成の数値に補正した結果を得ることができます。

GT表でのウエイトバック集計

ウエイト値をかけることで、「個々の年代」では結果は変わりません。「全体」の値が変わります。そのため「全体」を語るときに特にポイントになります。
「個々の年代」は、上記のイメージ図のように大きさを変えただけなので、変わりません。
「全体」が変わるのは、中身の年代構成比が変わるためです。

クロス表でのウエイトバック集計

 

執筆者
アスマーク編集局
株式会社アスマーク 営業部 マーケティングコミュニケーションG
アスマークのHPコンテンツ全ての監修を担い、新しいリサーチソリューションの開発やブランディングにも携わる。マーケティングリサーチのセミナー企画やリサーチ関連コンテンツの執筆にも従事。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

アンケートデータ集計・分析サービス

アンケートデータ集計・分析サービス

アスマークでは、いただいたデータから何を知ることができるのかを整理し、どういう集計・分析をすれば良いかを無料でご提案いたします。

● ES調査・CS調査を行っているがこのままでいいのか…
● 実施したアンケートをどう活用すればいいのか…
● データ入力・集計・レポート作成を一括で依頼したい…
● 紙アンケートを実施したがデータ入力に時間がかかる…

このようなお悩みに合わせたサービスをご紹介いたします。

> 詳しく見る