0120-922-684
お気軽にご相談ください (平日 9:30~18:30)
市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク
  1. TOP
  2. 情報・データ
  3. アンケート調査データ
  4. マネー・家計
  5. スマホ決済に関する意識調査(第三回)
スマホ決済に関する意識調査(第三回)

自主調査マネー・家計

スマホ決済に関する意識調査(第三回)

< TOPICS >

  • 「キャッシュレス決済ポイント還元政策」認知度7割超え
  • 「使える場所の多さと分かりやすさ」「安全・安心サービス」にニーズ集まる
  • 決済型別の機能“アプリ起動”と“かざすだけ”利用時のストレス差鮮明に

スマホ決済の利用状況

現利用者は3割半ば。第一回調査(2019年7月時点)より利用者は増加しており、スマホ決済市場は今後も拡大すると予想される。

→第一回の調査結果はこちら

SC1.あなたのスマホ決済の利用状況について、最もあてはまるのをお答えください。(1つ選択)

スマホ決済の利用状況

スマホ決済の利用状況(第一回との比較)

ポイント還元政策の認知と利用意向

ポイント還元政策の認知は7割半ば。現利用者と非認知者で大きな差がみられ、キャッシュレス決済及びスマホ決済の利用意向は、現利用者で特に高く、ポイント還元への期待の高さがうかがえる。

現利用者:スマホ決済を現在利用している人
未経験者:スマホ決済を知っているが利用したことがない
離脱者:スマホ決済を知っていて過去に利用したことがあるが、現在は利用していない人
非認知者:スマホ決済を知らない人・わからない人

SC6.<TOP2>上記のキャッシュレス決済へのポイント還元政策について、当てはまるものをお答えください。(それぞれ1つずつ選択)

ポイント還元政策の認知と利用意向


利用しているスマホ決済

コード型が7割強、非接触が1割未満、併用が2割弱。
最も利用しているものでは、コード型:非接触型=8.7:1.3

コード型決済:アプリ等を起動しQRコードやバーコードを読み取らせて行う決済
非接触型決済:スマートフォンなどを端末にかざして行う決済

Q1.あなたが現在利用しているスマホ決済サービスについて、当てはまるものをすべてお答えください。
また、最もよく利用しているサービスをひとつだけお答えください。

利用しているスマホ決済


スマホ決済のイメージ

コード型は、お得感が高い一方、セキュリティへの不安、利用できる場所の少なさ、使い方や持続性への不安等、非接触型と比べネガティブなイメージが強い。キャンペーンの実施で急激に普及したものの、利用者はまだ不安や不便を感じている様子。

Q8.<TOP2>あなたがスマホ決済に対して持っているイメージについて、それぞれお答えください。(それぞれ1つずつ選択)

スマホ決済のイメージ


拡大してほしいお店

今後は日常の買い物だけでなく、飲食・交通機関・病院など生活全般で利用したい意向がうかがえる。非接触型では、病院がスーパーに次いで高い結果となった。

Q7.スマホ決済の利用先として、今後さらに拡大してほしいお店について、当てはまるものをすべてお答えください。(複数選択可)

拡大してほしいお店


スマホ決済サービスの不満点

支払時のアプリの起動が面倒なこと、レジでもたつくことが、コード型と非接触型で大きな差がみられる。コード型はアプリ起動というステップの煩わしさがストレスに繋がっているものと考えられる。

Q3.<TOP2>あなたが現在、最もよく使っているスマホ決済サービスを利用している中で、困ったことや不満に思ったことについて、それぞれ当てはまるものをお答えください。(それぞれ1つずつ選択)

スマホ決済サービスの不満点


改善・追加してほしいポイント

全体的に、非接触型よりもコード型で「改善・追加」要望が高いことがわかる。
特に、利用可能店舗の拡大とセキュリティ関連が、コード型利用者からの「改善・追加」への要望が高い。

Q4.<TOP2>あなたが現在、最もよく使っているスマホ決済サービスで、改善/追加してほしいポイントについて、それぞれ当てはまるものをお答えください。(それぞれ1つずつ選択)

改善・追加してほしいポイント


調査概要

調査名 スマホ決済に関する意識調査(第三回)
→第一回はこちら
→第二回はこちら
対象者条件 全国20代~60代男女、スマホ決済を現在利用している、スマホ決済の利用頻度が月1回以上の方
調査項目
  • ・スマホ決済の利用状況
  • ・ポイント還元政策の認知と利用意向
  • ・スマホ決済を利用し始めた理由
  • ・利用しているスマホ決済
  • ・搭載してほしい機能・特徴
  • ・利用したことがあるお店
  • ・拡大してほしいお店
  • ・スマホ決済のイメージ
  • ・スマホ決済サービスの不満点
  • ・改善・追加してほしいポイント
サンプル数 スクリーニング調査:7,530サンプル
※総務省統計局平成30年10月1日公表データより、日本全国の20-60代の人口比率に合わせてウェイトバック集計を実施
本調査:1,000サンプル
割付 性年代均等割付 各100ss
調査期間 2019年9月13日(金) ~9月16日(月)
調査方法 インターネット調査
調査機関 株式会社アスマーク

非公開の設問とクロス集計を含む、レポートとデータを無料でダウンロードしていただけます。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

連絡先:info@asmarq.co.jp

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

アスマークでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・アスマークからのお知らせ無料購読はこちら