市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

マーケティングリサーチQA

Q
被験者への謝礼の相場はどのくらいですか?
A
被験者モニターへの謝金の基準についてですが、被験者にかかる負荷により決まってきます。
  • 自宅からの距離
  • 被験者にとっての試験の拘束時間
  • 被験者に求める試験内容の負荷

例1
東京都23区内の研究施設にて、一都三県在住の方に120分のインタビュー形式の実験を行ないたい。
⇒拘束時間以外は負荷があまりありませんので、謝礼は平均8,000円程度となります。

例2
京都市内の研究施設(最寄り駅からバスで20分)にて、二府二県在住の方に10分の動画を観てもらい、その後記述式の質問紙80問に回答して欲しい。合計の拘束時間は30分程度。

⇒拘束時間や試験内容の負荷はあまりありませんので、駅から徒歩圏内であれば3,000~4,000円程度の謝礼額が妥当です。
ただし、今回は最寄り駅からバスに乗らないと目的の施設へ行けないため、拘束時間や交通費がバスの往復分プラスでかかってしまいますので、参加する被験者には5,000~6,000円の謝礼が必要になります。

謝礼額が低いと、まず募集段階で被験者を集めることができません。
また、そもそも交通の便が良くない場所に被験者を集めたい場合は、近隣地域在住のモニターでは数名程度しか集められないこともよくあります。
そのため、都市圏在住のモニターに募集をかけないと必要な数の被験者を集められません。その場合は、平均の移動時間や移動にかかる交通費も考慮し、謝礼額を大幅に引き上げることも検討しなければなりません。

< 試験の拘束時間と謝礼の目安 >

30分 :3,000~4,000円
60~90分 :7,000~8,000円
120分 :8,000円以上

※こちらに、遠方の場合の交通費や移動時間、当日の試験負荷が場合によってはプラスされるイメージとなります。

被験者が自宅で試験に参加できる場合(web上でのアンケート回答、製品発送による試用テスト等)は、募集方法が全く異なるため、謝礼は数円(ポイント)~1,000円程度で実施できることがほとんどです。

関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる