1. TOP
  2. 調査手法から探す
  3. ホームユーステスト(HUT)

ホームユーステスト(HUT)

食品から化粧品、ヘアケア製品、日用品、電化製品まで
テスト商品を家庭内で使用してもらい、使用感や評価を得ることができる!

ホームユーステストの料金はこちら

企画設計から報告書までのトータルサポートでご好評いただいております!

売上対前年比118.9

  • 無茶なスケジュールでHUTを依頼したことが何度かあったが、対応していただいた。こちらからの不十分なアンケート入稿データから、適切な表現に変えたアンケート画面を作成していただいている。だと感じております。
    化粧品メーカー Y・W様
    2018年1月実施CS調査より
  • 担当者の方が親切に相談にのってくれるので、難しいかな、と思える内容も相談しやすい
    コンサルティング J・S様
    2018年1月実施CS調査より
  • 弊社作成のスクリーナーを元にモニター募集画面を作成していただく際、スクリーナーの不備不足に気づいて対応していただける。レスポンスが早い。
失敗しないホームユーステスト6つのポイント
失敗しないホームユーステスト業界トップクラスのホームユーステストの実績から、実査の中で実際に蓄積してきたノウハウをレポートにまとめました。初めてご検討の方、実査の質を高めたい方におすすめです。

アスマークのホームユーステストの特長

Webを利用したリクルート力☓丁寧な対応で高い満足度。90%の方にリピートいただいています。

業界No.1の年間3,285件のリクルート実績、業界トップクラスのホームユーステスト実施件数により蓄積されたノウハウを活かして、貴社のホームユーステストを企画設計から梱包・発送、実査、アウトプットまで、フルサポートいたします。

国内最大級のパネル組織

全国80万人のアスマークモニターを筆頭に、複数のパネル組織が利用可能。大量サンプルや厳しい割付・出現率にも最大限対応致します。

実査担当者が回収状況を把握しご報告いたしますので安心です

調査の本番直前になってから「○名しか出ませんでした。」と報告がきて大慌てしたことはないでしょうか。「途中でスクリーニングの状況を確認して、相談してくれればよかったのに…。」と思っても後の祭りです。対象条件が難しい時、割付が多く、サンプルも多い時…。回収期間が気になることもあるかと思います。必要に応じて、担当者がスクリーニングや本調査の回収状況をご報告し、ご納品までの余計な不安を取り除きます。

事前課題や写真回収等、あらゆる内容に対応可能

事前課題や写真回収をした上で、対象者の選定を行なうことができます。あらゆる状況を想定し、システムによる写真や画像の大量回収も可能です。

使い方や置き場所を写真に撮って見ることができます

使い方や置き場所を写真に撮って見ることができます化粧品の保存場所、冷蔵庫の中など、製品の保管方法やテスト品使用のビフォア・アフター、テスト品を使用しているシーンなどをデジカメで撮影し、アンケート回答時に添付して送ってもらうことも可能です。実際の使い方、置き場所をご自分の目で見ることができます。

MROC・日記調査等、複合型調査にも対応可能

ホームユーステスト+他調査の実績も多数ございます。日記調査専用システム、CLT専用ルーム、インタビュー時モデレータ等、いろいろな調査手法を得意としています。

モニターへの電話確認も対応可能!

通常、HUTのモニターへの連絡方法はメールベースになりますが、グループインタビュー後にHUTを行なう場合など、モニターと双方での密なやりとりが必要になるため、モニターと電話で直接連絡を取るケースがあります。他にも日記調査を含むHUTのような、主に複合型調査の場合に電話連絡が用いられます。電話確認を含むモニターリクルート業務では、ネットリサーチ業界No.1の実績があり(※ネットリサーチ会社の中で)、ホームユーステストとモニターリクルートをセットでもご提供しております。

プロトタイプの製品の回収についてもご安心いただけます

プロトタイプの製品の回収についても安心対象者の方に、守秘義務を含む調査終了後のテスト品返却まで確実に協力していただくために、「WEB上での確認」だけでなく、しっかりとした「調査前の電話確認」や「承諾書の授受」も行っています。電話で直接話すことはテスト品の未回収を防ぐための最も有効な手段です。

また、事後の製品返却が滞っている対象者には、電話にて回収の督促を行ない、直接自宅まで回収に向かうこともあるため、安心してお任せいただけます。

機密性保持のための製品管理を徹底しています

機密性保持のための製品管理を徹底貴社からテスト品をお預かりした際にも個数をチェック、モニターからの回収時にはチェック表にて返却状況を管理し、紛失や情報流出を未然に防ぎます。

梱包・発送・回収までの細やかな作業は全て請負いますので手間がかかりません

梱包・発送イメージ図テスト品の梱包・発送には、試用品を安全・確実に届けるためのノウハウが必要です。大まかなことだけ挙げても、袋でいいのか、ダンボールを用意する必要があるのか、サイズはどうか、試用品によっては緩衝材が必要かどうか、液漏れしないか、温度はどうか、多くの検討事項が挙げられます。弊社は物流会社との提携により梱包に関するノウハウも持っていますので、安全・確実に届けることができますので配送に関するご心配は不要です。

物流会社との提携で大量10,000モニターへの発送も可能

物流会社との提携により、冷蔵・冷凍の温度帯の試用品の大量発送も可能です。

ブラインド作業、シール貼り等もお任せください

テスト品の発送の際に発生しがちな細かな作業(シール貼り、ホチキス留め、ラベル印字等)もお任せください。

  • 同封書類印刷
  • ホチキス留め
  • ナンバリング
  • 返送用封筒準備
  • ラベルシール印刷
  • シール貼り
  • テスト品包装
  • 封入
  • 返送用着払い伝票準備

発送前の製品の梱包状態を写真でお渡し致しますので安心してお任せいただけます

どのような順番で梱包され、対象者の自宅へどんな状態で発送されるのかが気になると思います。 アスマークでは、発送前の状態をお客様にご確認いただくよう写真を撮ってお渡し致します。

使用後の感触を忘れないうちに答えてもらえます

梱包・発送イメージ図例えば化粧品であれば使用したときの使用感、食品であれば試食したときの率直な感想など、時間が経ってからでは忘れてしまうかも知れません。使用・試食した直後の感想などを毎日入力してもらい、その回答状況を毎日確認できる管理システムを利用することで、その時の気持ち、雰囲気が生々しく伝わってきます。

設問内容のチェックをするので、スクリーナー作成も安心

スクリーナー画面頂いたスクリーナから募集画面を作成の際、排他選択肢の抜けをチェックしたり、ロジック構成を考え、設問を回答者に分かり易い順番に変えるなど、気づいた点があればこちらから修正のご提案させていただきますので、スクリーナーのミスも防ぐことができて安心です。

参加依頼者は対象者リストからご自分で選べます

対象者候補リスト対象者候補リストを送りますので、そこからご自分で対象者を選定していただくことも可能です。例えば、条件に合致した候補者が必要数よりも多い場合などに、購入頻度や使用年数がより理想的な条件の人を選んだり、時には自由回答の内容も参考にしたりしながら選ぶことができます。

市場調査専用モニターだから自由回答の書込みが充実

自由回答書込みイメージ図市場調査専用モニターなので、社会への参加意識、市場調査への参加意識が非常に高く、アンケートへも積極的に回答してくれます。特に差が出るのは自由回答設問の書込み量です。回答者の多くは「商品開発の役に立ちたい」「自分の意見が商品開発に反映されれば嬉しい」と言う気持ちでまじめに答えてくれます。

“日記調査の結果から対象者をリクルート”、別調査で二次スクリーニングをしてから対象者選定が可能

「調査対象者にこだわりたい」
「スクリーニングだけでは絞り込みが不十分」
「別の調査を実施した結果を見てから調査対象者を決めたい」


二次スクリーニングをすることで、通常のスクリーニングデータに加え、さらに豊富なデータが取得できるため、より調査対象者の人物像(ペルソナ)を把握した上で対象者選定ができます。
アスマークでは、豊富なリクルート経験から、多様な二次スクリーニングが可能です。


二次スクリーニング例

  • 日記調査
    ⇒一定期間に渡る日記から、行動記録や生活パターン、写真等の詳細情報を元にスクリーニングすることができる。
  • ネットリサーチ
    ⇒通常のスクリーニングからさらに踏み込み、FA(自由記述式設問)等の定性情報を集計し、特徴のある方をピックアップできる。

調査フロー

  1. 通常スクリーニングとして、二次スクリーニングに進む参加者をアンケートで絞り込み
  2. 二次スクリーニングとして調査を実施
  3. 2つのスクリーニングデータを元に本調査に進む対象者を選定
  4. 本調査

他にも二次スクリーニングとしてホームユーステスト、会場調査、訪問調査等を実施して、その参加者の中から、調査目的に応じて、その後の調査の対象者を選定することができます。


通常はスクリーニングのみで調査の対象者を選定しますが、それ以外に上記のような他の調査から本調査の対象者を選定することで、より豊富なデータ・情報を基に対象者を絞り込めるため、より調査目的に沿ったピンポイントで深い調査結果に繋がります。

ホームユーステストのスケジュール

    お客様(御社)   アスマーク(弊社)  
調査内容/ご依頼範囲のFIXまで ご相談 ご提案  
数日      
調査内容/ご依頼範囲FIX  

スクリーナー作成     スクリーナー作成
       
  ご確認 スクリーナー確認依頼  
数日     オプション
  ご確認完了連絡/修正連絡 スクリーナー修正/確認依頼  
       
スクリーナーFIX

募集から実査まで スクリーナー入稿(※1) Web募集画面作成  
       
  ご確認 Web募集画面確認依頼  
       
  確認完了連絡 募集開始(配信)  
       
      応募者データ回収  
       
  テスト品をアスマークに発送(※2) 対象者セグメント
テスト品受取
本調査画面作成
 
8~14日      
  ご確認 本調査画面確認依頼  
       
  確認完了連絡 条件確認・地図送付  
       
  参加者リスト受取 テスト品封入・対象者に発送  
       
      配信(実査)
★テスト品試用(※3)
 
       
      回答データ回収  
       
      データチェック  
       
ローデータ受取   データチェック  

集計・レポート作成     集計(※4)
1~3営業日      
集計データ受取 集計データ納品  
      オプション
    レポーティング(※5)  
1~2週間      
レポート受取 レポート納品
  • (※1)お客様でご用意されたスクリーナーでも構いません。オプションにて、調査票やスクリーナーのリライトや設計もお受け可能です。
  • (※2)対象者の個人情報をお渡しする形になりますが、お客様から直接対象者へテスト品を発送いただくこともできます。
  • (※3)テスト品の試用日数によって期間が異なります。
  • (※4)集計仕様によって期間が異なります。
  • (※5)分析内容・レポーティングのグレードにより期間が異なります。
ホームユーステストデモ画面

ホームユーステストに関するQ&A