0120-922-684
お気軽にご相談ください (平日 9:30~18:30)
市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク
  1. TOP
  2. 事例
  3. 業種・業界別調査事例
  4. 自動車メーカー

自動車メーカーでの活用事例

自動車のオプション機能に関するアンケート

調査の目的
利用実態調査
調査内容
夜間の運転支援装備、駐車時の運転支援装備、車体後方の視界支援装備(バックガイドモニタ)、などについて、利用状況、満足度、不満点などを伺いました。
対象者
特定車種で特定のオプション機能を搭載した車の所有者
調査の種類
ネットリサーチ

コンパクトカーのブランド認知度、広告効果測定調査

調査の目的
ブランド認知度、広告効果測定
調査の種類
ネットリサーチ
対象条件
  • 20~34歳の独身女性
  • 運転免許を持っている
  • 1ヶ月に2~3日以上車を運転する
  • 今後2年以内に、車の購入予定がある
  • その車の購入決定に関与している
  • 最も検討している車種のタイプはコンパクトカー
  • 最も検討している車種が特定の7車種
回収できるサンプル数の予測
アンケートを実施する場合、「始めてみたけども、最終的に集まらなかった」という事態を避けるために、回収できるサンプル数を予め予想しておきます。予想の段階では、お客様にその商品のシェア(占有率)を伺ったり、直近の類似調査のデータを参考にする、場合によってはアンケートモニターを利用した出現率調査を実施する場合もあります。そして、その予想数が、最終的に必要なサンプル数に満たない、あるいは「ぎりぎり」である場合は、対象条件の緩和やスケジュールについてご相談させていただくことがあります。
緩和条件
予備調査(スクリーニング)を始めて、回収状況を見てみて、当初の予定通りの対象条件で必要なサンプル数に届きそうな場合は、そのまま実施しますが、回収状況を見てみて、思うようにサンプルが集まらなかった場合は、予め考えておいた緩和条件によって対象/対象外を振り分けます。
緩和条件の具体例
対象条件には、調査の目的などによって、緩和できるものと、どうしても緩和できないものがあります。その点も踏まえた上で、事前にご相談させていただいた結果、この調査の場合は、以下のような条件緩和が考えられます。
  • 1ヶ月に2~3日以上車を運転する → 1ヶ月に1日以上車を運転する
  • 今後2年以内に、車の購入予定がある → 今後3年以内に、車の購入予定がある
  • 最も検討している車種のタイプはコンパクトカー → 検討している車種のタイプにコンパクトカーがある

業種・業界別調査事例