ペット業界での活用事例

ペットに関するアンケート

調査の目的
利用実態調査、意識調査
調査の種類
ネットリサーチ
対象者
関西在住の犬を飼っている方
調査内容
愛犬の一時預かり等のサービスに対する意識など

ホームユーステストとグループインタビューを組み合わせたペットに関する調査

調査の種類
ホームユーステスト、グループインタビュー
調査内容
「ペット用品」に関するホームユーステスト、その後グループインタビューを実施。ご自宅でペット用品を約2週間使用していただき、その後、グループインタビューへご参加いただきます。
対象条件
  • 犬を飼っていて、主にご自分で世話をしている方で「テスト品の類似品」を使用している方
  • ホームユーステストとグループインタビューの両方にご協力いただける方
注意点
2週間に及ぶ長期の調査ですので、期間中のテスト試用に関しては、「試用日誌」に記録していただき、最後に提出していただきます。

ペット用品に関するグループインタビュー

調査の種類
グループインタビュー
参加率を高めるための対策
  • グループインタビュー、会場調査などモニターリクルートのご依頼をいただいた場合は、参加者全員に電話での条件確認・前日確認を行っておりますので、当日の急なキャンセルは滅多になく、非常に高い出席率を維持しております。
  • それでも、当日の無断欠席や、やむをえない理由(ご本人やお子様の急病や電車遅延など)で、当日キャンセルとなってしまう場合があります。そのような場合に備えて、「予備枠」を設ける場合あります。これにより、当日キャンセルでのサンプルの不足のリスクはかなり軽減されます。
予備枠参加について
予備枠でのご参加の場合、グループインタビュー実施時刻10分ほど前までに会場に来ていただき、大体開始時刻10分過ぎまでお待ちいただきます。

【開始15分ごろまでに参加者がそろった場合】

通常の半分程度の謝礼を受け取っていただき、お帰りいただきます。


【開始15分ごろまでに参加者がそろわなかった場合】

座談会へご参加いただきます。この場合はグループインタビュー終了後、他の参加者と同額の謝礼を受け取っていただきます。

業種・業界別調査事例