1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク
  2. Q&A
  3. 会場調査 CLT ストリートキャッチ プレリクルート

関連ワード:

会場調査 CLT ストリートキャッチ プレリクルート

会場調査(CLT)を実施する際にストリートキャッチとプレリクルートではどのような違いがあるのですか?


ストリートキャッチ

ストリートキャッチは会議室周辺にいる歩行者に声をかけ、街頭でスクリーニング質問を行います。条件に合致した対象者に会議室まで来てもらい、アンケートに回答させる方法です。


この場合、街頭でキャッチする人を「リクルーター」、会議室でアンケートを取る人を「調査員またはインタビュアー」と言います。


ストリートキャッチの場合、その会場の周辺を通行する人の中から対象者を抽出するため、エリアの特性によって属性が偏ってしまうというデメリットがあります。

例えば、私鉄の商店街にある会場では主婦ばかり等。


プレリクルート

事前に対象者に声がけしておき、会場に集まってもらいアンケートに回答させる方法です。


WEBモニター、FAXモニターを使ってリクルートする方法や機縁法(知り合いに声がけをして集める方法)があります。


その他に団地でのCLTもあります。


難易度の高いCLTの場合はプレリクルートが有効です。対象者に事前課題をさせることも可能であることも、プレリクルートのメリットと言えます。



関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

会場調査(CLT)に関するQ&A