市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

マーケティングリサーチQA

Q
市場調査とは
A
市場調査というのは、企業などの組織が、商品・サービスを提供する上で、顧客を知り、顧客にあった商品・サービスを考え、マーケティング活動を有効に進めるために、市場・顧客に関するさまざまな情報を収集する活動のことです。

手法は様々で、大きくは、ネットを利用して多くの対象者にアンケートに答えてもらう、あるいは調査会場で多くの対象者に回答してもらう、無作為に抽出した電話番号に電話して多くの方にアンケートに答えてもらうなど、大量の回答を統計的に分析する定量調査と、座談会や個別インタビューなど、限られた少数の対象者により深く、詳しく感想・意見・アイデアなどを聞き出す定性調査があります。

市場調査の種類

■定量調査

定量調査では結果を数量で得ることができるため、全体像をとらえたり傾向をつかんだりすることが可能です。市場調査における定量調査では、ブランドの認知度やイメージ調査、消費者の需要を調べるニーズ調査などあらゆる場面で活用することができます。例えば、新商品を開発した際、販売時のコンセプトをターゲット層にアンケートをとる、改善点はないかユーザーにホームユーステストをして意見を募る、広告を出す前に広告テストを行いより効果的な広告を制作するなどというように、あらゆるマーケティング施策の構築・改善に役立てることができます。

  • ネットリサーチ
    Web上で実施するアンケートです。低コスト・短期間で大規模な調査が可能です。
    回答者のみをお客様環境に誘導するパターンと、お客様で手配済の回答者へ調査会社が用意したアンケート画面を案内するパターンもあります。
  • ホームユーステスト(HUT)
    新商品や改良品のサンプルを調査対象者の自宅に送付し、一定期間、試飲・試食または試用してもらい、アンケートに答えてもらう調査手法です。
  • 会場調査(CLT)
    会場に調査対象者に来てもらい、現物を見る・触る・食べる・飲む・試す等で評価を取る調査手法です。
  • アイトラッキング調査
    「目の動き=視線」を定量的に観察する調査です。「どこを」、「何を」、「どの程度」見ていたかを測定し、「見る」行動のプロセスと理由を可視化します。
  • 郵送調査
    紙アンケートを郵送し、回答済み用紙を返送してもらうアンケート調査です。
  • ミステリーショッパー
    来店客・買上客に扮した調査員を店舗に派遣し、接客レベルや店舗のクリンリネス、販促が行き届いているかどうか等をアンケート評価する調査です。

■定性調査

定性調査は、調査対象者の具体的なエピソードや深層心理、行動の原因など深い部分まで調査を行うことができます。例えばインタビュー調査ではユーザーに直接意見や問題点を尋ねたり、訪問調査では実際の生活の様子から消費者の需要を発見したりすることができます。
あらかじめ定量調査で傾向をつかんだうえで具体や詳細を知るために定性調査を行うことで、全体像から具体まで網羅的にデータを得られるでしょう。また、仮説を立てる際に、まず定性調査を行い課題や問題点を洗い出すこともあります。このように定性調査はマーケティングのあらゆるフェーズで活用することが可能です。

  • オンラインインタビュー
    インターネットを介してオンラインで行うインタビューです。
  • グループインタビュー(FGI)
    調査対象者を6人程度集め、モデレーターと呼ばれる司会者が調査テーマについて質問を行い、自由に発言をしてもらうことでさまざまな意見・情報を収集する調査です。
  • デプスインタビュー
    対象者とインタビュアーによる1対1の面談式で実施する調査です。
  • 訪問観察調査(エスノグラフィ調査)
    対象者の自宅・職場等を直接訪問して、生活者の行動を「見る」「観察する」調査です。
  • 日記調査
    一定期間継続して、対象者にWEB上の日記システムを利用して、生活行動や利用シーンの写真、商品利用の感想などを記録してもらう調査です。
  • MROC(エムロック)
    オンライン上で「クローズド」な「マーケティングリサーチ専用のコミュニティ」を構築し、ディスカッションやアンケートなどを組み合わせ、繰り返し進めることで、 消費者のインサイト(深層欲求)を抽出する調査です。

■その他のリサーチ

卒業・修士論文や研究のための学術調査や、開発アプリをターゲット層に利用してもらい改善点を発見するユーザビリティテストなど様々な分野において調査を利用することができます。

上記の調査をご依頼・委託される際は、弊社で代行・受託できますのでご相談ください。

市場調査の進め方

市場調査の進め方は大きく以下の4工程に分けることができます。

1.調査の企画・設計

市場調査において非常に重要な工程です。この工程で、調査で明らかにしたいこと、目的を明確にします。
例えば「自社商品の売上が落ちてきた・・・何が問題なんだろう?」というマーケティング課題を抱えていたとします。このマーケティング課題に対して、「新鮮味が薄れてきたのか?」「市場環境が変わったのか?」のような仮設を立てることができます。
これらの仮説を元に調査の企画・設計を進めます。どのような調査手法にするのか、調査対象を誰にするのか、どのくらいの人数に訊けばいいのか、どんな質問をすればいいのか、といったことを決めていきます。

2.調査票の作成と実査

「調査の企画・設計」の工程で決めたことを実現するための調査票を作成していきます。

3.データチェックと集計

集まった回答データに不備がないかチェックをします。
データチェックが完了したところで集計を行い、調査結果を可視化します。

4.分析とレポート作成

集計データを分析することで、調査の企画・設計の工程で考えた仮説が正しかったのか、間違っていたのかを明らかにします。また、その結果となった原因や理由を考えたり、新たな情報を導き出したりといった考察を行います。

市場調査の目的とメリット

市場調査の目的

市場調査の目的は、生活者の意見を取り入れることで、マーケティング活動でのより良い意思決定に貢献することです。

市場調査のメリット

商品開発・販売側にとって・・・

・商品開発では、生活者に受け入れられる可能性がより高い商品・サービスを開発することができます。
・販促活動では、より受け入れられやすい方法で販売することができます。
・開発した商品が生活者に受け入れられず、経営資源を無駄にしてしまうというリスクを抑えることができます。

生活者にとって・・・

・市場調査に協力することで、自分が欲しい商品が開発されることの後押しとなります。・あまり売れない商品が開発されることで発生する無駄なコストが、自分が欲しい商品の価格に上乗せされるリスクを抑えることができます。

市場調査の費用相場

調査費用の主な変動要因として以下の3つが挙げられます。

・調査の手法
・サンプルサイズ
・調査に参加することに対する調査対象者への負担の大きさ

調査対象者への負担の大きさとは、質問数、回答の所要時間や拘束時間、回答する場所(自宅か指定の調査会場か)、事前課題等のアンケートの回答や質問に答える以外の何らかの作業等があるか、といったことです。
調査対象者への負担が大きくなるにつれて、謝礼として支払う費用が大きくなるからです。

費用相場例

ネットリサーチ

ネットリサーチの場合は、サンプルサイズと設問数で費用が変動するのが一般的です。一般的な価格としては以下のような相場となります。

・100サンプル、5問:3~4万円~
・1,000サンプル、40問:50~80万円
※サンプルサイズや設問数に応じて費用も変動します。

オンラインインタビュー

オンラインインタビューの場合は、最も大きな価格変動要因は対象者の人数です。グルインの場合でも通常より少人数での実施を推奨されておりますので、1~4名で実施されるケースを想定すると以下のような相場となります。

・1~4名程度のインタビュー:10~25万円
※納品物、オプション項目によって変わります。

 
関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

QA市場調査に関するその他Q&A